廃車にする車を買取できる種類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

廃車の手続きを行いたい場合、どんなものなら買取できるのでしょうか。販売店やディーラーに聞いて、情報を集めます。どの会社にも条件があり、引き取れるものとそうでないものがあります。
ホームページで条件などが明記されているので、それらを確認することもできます。自分が保有しているものの条件に当てはまるようなら、メールや電話で問い合わせることができます。全国展開している会社や、中古のものを海外に販売する販路があるところは、10万キロを超えて走行しているものでも、引き取ってくれる場合があります。事故車やしばらく動かしていないものでも、各パーツがキレイで、部品としての商品価値があるものがあります。会社保有のトラックなども、海外で利用できる可能性があります。

査定をしてもらって考える

具体的な買取値段を知りたいなら、やはり査定をしてもらうのが一番です。会社によっては、値段が大きく異なるかもしれません。時間に余裕があるなら何社かに依頼して、査定を依頼します。
ホームページからいくつかの項目を入力して、簡単な査定をすると、およその価格がわかります。走行距離や年式だけではなく、車の状態についてもなるべく詳しく入力すると、具体的な金額がわかります。分からないことは電話やメールで、詳しく相談できます。車の種類や人気のタイプかどうか、その他の要素によっても価格は変動します。
自分の査定をしてもらうのと同時に、インターネットに買取実績などのページがあれば、確認しておくのも良いです。どんなタイプのものがどれくらいの相場で、買取してもらえるかわかります。

その他のポイント

買取依頼を行う前に、他のいくつかのポイントも確認します。高く買取りできる、という宣伝をしているホームページは多くありますが、細かな項目をみていくと少なからず、費用が必要な場合があります。
廃車にする際、主に必要な経費は、レッカー移動の費用、解体費用、手続き代行費用などです。車が動く場合はレッカー移動の費用はかかりませんが、事故で壊れてしまったり、車検が切れていて動かせないような状態の場合、レッカーの費用は最低で1万円以上かかることがあります。解体費用や手続き代行の費用も1万円以上かかることがあります。そのため、全体で数万はかかるかもしれません。これらの経費を査定額と相殺するカタチになっている会社も多いので、査定の際に確かめることができます。