車を廃車にして買取ってもらう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長年使っている車を、どう処分するか考えるときに、廃車にして買取ってもらう、という選択があります。
ディーラーや販売会社、仲介してくれるところに依頼して、手続きを行ってもらいます。手続きに必要な各書類を用意し、会社に渡します。そののち仲介会社が、運輸支局という公的機関に行き、登録情報を消す、抹消登録を行います。
抹消登録には二つの種類があります。一時抹消登録と、永久抹消登録です。
例えば、仕事で海外に長期で滞在しなければならないときがあります。車は新しいものの、しばらく誰も使わないので税金などの経費を払わなくてよいように、一時抹消登録をすることがあります。ナンバープレートを返却しますが、本体は解体されず、そのまま手元に残しておきます。永久抹消登録は、本体をスクラップにするときに行います。

還付される税金はあるか

買取をしてもらったら、還付されるものがあるかどうかチェックします。色々な条件を満たすなら、いくらか還付される税金がある可能性があります。
自動車税について考えてみましょう。毎年4月1日付で保有しているものに対する税金で、毎年1回支払います。その年の4月1日から次の年の3月末までの分を、前払いで支払っているので、タイミングによっては、支払いすぎた税金が還付されます。普通車以上のものに適用され、軽四には適用されません。
車両重量税という税金もあります。あまり聞いたことがないかもしれませんが、車検証を見ると、本体の総重量の記載があると思います。重量、または総重量に応じて支払われる税金です。会社が代行して支払っているので、見積もりの細かい項目を確認していないなら、意識せずに支払っているかもしれません。
この税金は廃車手続きを行い、かつ永久抹消登録を行ったときに、還付されます。一時抹消登録の場合は、まだ本体は解体されず所有しているため、税金の還付対象にはなりません。

税金の還付の手続き

税金の還付があるかどうかは、買取を依頼した会社に確認できます。詳しい状況は、ホームページに記載されている説明を読み、自分の状況に当てはまるかどうか確認します。
自分で申告しなければ還付されない税金もあります。後ほど郵送で還付金の振り込み方法について、自動的に連絡してくれるものもあります。会社のホームページのよくある質問のページや、書類作成の細かな方法の部分に、手続きの流れについて説明されています。

車を廃車にするときに買取も考える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

廃車にするタイミングは、やはり新しいものを購入するときでしょう。中古のものは下取りしてもらえて、支払わなければならない税金なども余分に発生しないので、便利です。一方で、色々な都合により今使っているものを廃車にしたい、という時もあります。引っ越し先に駐車場がなく、持って行かないことにするかもしれません。所有者が亡くなったり、運転できなくなったりして、廃車にする場合もあります。
ディーラーや、住んでいる地域でよく利用している販売店などに査定を依頼し、引き取ってもらえるかどうか交渉する人もいますし、インターネットなどの情報を探し、全国展開している会社に依頼して、買取ってもらう人もいます。
どのような方法を選ぶ場合も、かかる費用、自分で準備しなければならないものを、よく確認しておきます。

手続きに必要な書類

必要な書類を準備して、買取を依頼する会社に渡します。
廃車にする場合、基本的な手続きに必要な書類は、まず自動車検査証と、自賠責保険証明書です。これらは普段、なくさないようにダッシュボードに入れたり、運転席の近くに置いているものです。リサイクル券もほとんどの場合、新たなものを購入の際に、預託金として支払い、他の書類と一緒に保管していることがほとんどです。確認して、もし書類がないようなら、買取してもらう会社に相談します。
車検証には、所有者の名前が記載されており、所有者本人の名前の印鑑証明書が必要です。住んでいる地域の市役所で取得します。あとは、実印や、本人確認書類、車本体と、ナンバープレートなどが必要です。

その他のポイント

基本的な書類以外にも、それぞれ必要になるものがあります。詳しいことは、買取ってもらう会社に聞いて、準備します。例えば、書類に記載されている所有者の住所と、現在の住所が異なる場合は、住民票が必要です。所有者の名前が旧姓で、結婚して新しい姓になっている場合、戸籍謄本が必要です。その他、確認のために、他に用意しなければならない書類が発生するかもしれません。
市役所で発行してもらう印鑑証明書や住民票、戸籍謄本といった書類には、発行してもらってから3か月以内のものを使わなければならないので、古い日付の書類でないことをチェックします。インターネットを通じて、買取を依頼する場合、実際に手続きを行うのにさらに時間がかかります。なるべく新しい日付の書類を用意すると、安心です。