車を廃車にするときに買取も考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

廃車にするタイミングは、やはり新しいものを購入するときでしょう。中古のものは下取りしてもらえて、支払わなければならない税金なども余分に発生しないので、便利です。一方で、色々な都合により今使っているものを廃車にしたい、という時もあります。引っ越し先に駐車場がなく、持って行かないことにするかもしれません。所有者が亡くなったり、運転できなくなったりして、廃車にする場合もあります。
ディーラーや、住んでいる地域でよく利用している販売店などに査定を依頼し、引き取ってもらえるかどうか交渉する人もいますし、インターネットなどの情報を探し、全国展開している会社に依頼して、買取ってもらう人もいます。
どのような方法を選ぶ場合も、かかる費用、自分で準備しなければならないものを、よく確認しておきます。

手続きに必要な書類

必要な書類を準備して、買取を依頼する会社に渡します。
廃車にする場合、基本的な手続きに必要な書類は、まず自動車検査証と、自賠責保険証明書です。これらは普段、なくさないようにダッシュボードに入れたり、運転席の近くに置いているものです。リサイクル券もほとんどの場合、新たなものを購入の際に、預託金として支払い、他の書類と一緒に保管していることがほとんどです。確認して、もし書類がないようなら、買取してもらう会社に相談します。
車検証には、所有者の名前が記載されており、所有者本人の名前の印鑑証明書が必要です。住んでいる地域の市役所で取得します。あとは、実印や、本人確認書類、車本体と、ナンバープレートなどが必要です。

その他のポイント

基本的な書類以外にも、それぞれ必要になるものがあります。詳しいことは、買取ってもらう会社に聞いて、準備します。例えば、書類に記載されている所有者の住所と、現在の住所が異なる場合は、住民票が必要です。所有者の名前が旧姓で、結婚して新しい姓になっている場合、戸籍謄本が必要です。その他、確認のために、他に用意しなければならない書類が発生するかもしれません。
市役所で発行してもらう印鑑証明書や住民票、戸籍謄本といった書類には、発行してもらってから3か月以内のものを使わなければならないので、古い日付の書類でないことをチェックします。インターネットを通じて、買取を依頼する場合、実際に手続きを行うのにさらに時間がかかります。なるべく新しい日付の書類を用意すると、安心です。