法律を学ぶ上での六法

法律書の六法全書の値段

法律集の六法全書の値段の違い

六法全書は日本の六つの法律を収録した本です。値段は二千円程から一万円と幅広いのが特徴です。 価格の違いは装丁や大きさが豪華な物から収録されている六法の数や例文の多さと様々です。利用例として弁護士等のプロは模範六法を使用するケースが多く法学部生ならばポケット六法で間に合うとされます。 重要な点として法律は改正する事が多いものなので古い六法全書では役に立たないと言う点です。その為この本は毎年買い替える必要があるので、用途にあった物から値段の合うのを購入し使い続けなければなりません。毎年買い替えなければ実用性に意味が無いとされます。

六法全書を持っているメリット

法律を勉強する際に必ず必要になるのが六法全書です。六法全書というのはその名の通り、六つの主要な法律である憲法や、民法、刑法、会社法、民事訴訟法、刑事訴訟法が掲載されています。しかし、それだけではなく、基本的には実用的な法が数多く乗っている形式になっています。資格の勉強をする際に本書を持っているメリットがあります。それは、資格の勉強の際に意識してもなかなかできない部分でもあります。法には条文が数多くありますから、その中の一つを一つを覚えるだけでは意味がなく、この条文はこの法の中のどういった立ち位置を占めているのかを確認していくという部分が大変重要になります。1冊の本になっていることによって、比較的確認しやすくなるという面があります。

↑PAGE TOP